診察のご予約はこちら

HOME 最新情報一覧 いつ飲むのがよいでしょう? 漢方エキス製剤の飲み方②

コラムCOLUMN

いつ飲むのがよいでしょう? 漢方エキス製剤の飲み方②



漢方エキス製剤の飲み方①では、お湯に溶いて飲んでいただくことをご紹介させていただきました。

今回は、飲む「タイミング」についてのお話です。

 

漢方エキス製剤を飲む最適なタイミングはズバリ、胃が空っぽの時、つまり食前や食間(あるいは就寝前)です。

 

主な理由として以下の2点があります。

吸収効率

 現代医薬は、胃への刺激が強いものが多いですので、胃粘膜の保護のため胃に内容物が入っている食後30分以内に飲むのが基本です。
 ところが漢方薬は、胃への刺激が少ないものがほとんどですので、胃粘膜の保護は考えず、より吸収の良い空腹時に服用するのです。
 

成分構成

 漢方薬は、数種~数十種類の生薬からできていますの、構成成分が複雑です。
 また、一般的な食べ物の中にも生薬を兼ねているものもたくさん存在します。例えば、ショウガやニンニク、ネギなどは本当に多くの漢方薬に使われています。
 お腹に食べ物が入っていると、微妙なバランスで構成されている漢方薬の作用に影響が出るかもしれません。そのため、空腹時に服用するのが基本となるのです。

 
 

しかし、食前は食後服用と違って飲み忘れしがちです。

飲み忘れたときには、飲みとばしてしまうより食後でも服用した方がよいです。

 

患者さまの病状や処方内容によっては、あえて食後に服用していただく場合もありますし、

食前、食間の服用で胃もたれする場合は、食後の服用を提案する事もあります。

 

しかし、基本的には毎食前、忘れずに、

お湯に溶いて味や香りを感じながら飲むことがとても大切です。

 

きちんと飲めている方は、漢方薬の効果が最大限に発揮されています。

患者さまの体調に合わせて、細かく処方を変更していますので、

口に含んだ時の感覚や、その後の身体の変化に集中してみてください。

 

感想を報告していただくことで、以降の治療方針の参考にもなります。

診察の予約はこちらから予約フォーム>

©2016 Kosuzumesai All RIGHTS RESERVED.