診察のご予約はこちら

HOME 私たちについて 挨拶・経歴

挨拶・経歴Greeting & Profile

院長渡邉 大祐
Daisuke Watanabe
ご挨拶
高校時代に中国武術や気功を習っていたのですが、中国では「本物の医師とは中医学・武術・気功を修めた者である」と言われていたことを知り、中医学に興味を持ち始めました。そこで、19歳で中国へ渡り国立の中医薬大学で6年間半かけて中医学を習得。帰国後は、身につけた知識や技術を駆使して日本の患者さんの健康促進に貢献したいと考え、鍼灸師の資格取得を目指しました。札幌の学校で授業のお手伝いをする機会を得て、学生に講義をする面白さを始めて感じました。また、治療家として患者さま一人一人と接するよりも、治療家を目指す学生さんたちに自分の知識・技術を伝える方がより大きな貢献に繋がると気づき、養成施設教員資格の取得を志しました。その後、再び中国へ戻り天津中医薬大学にて修士・博士課程へ進むことが出来ました。合わせて10年半、中国国立医大での学習・臨床・研究で身につけた知識・技術を日本の鍼灸教育を通じ社会に役立てたいと考え、2016年3月まで沖縄にあるはり師きゅう師養成施設にて教員を勤めてきました。縁あって移住して参りました熊本で、これまで培ってきた知識と技能・臨床経験を活かし、皆さまの健康生活を全力で応援いたします。
資格
医学博士
はり師・きゅう師
はり師きゅう師養成施設教員資格

略歴

1996~2002年
中国・内蒙古医学院(現:内蒙古医科大学)中医系 本科卒業
2005年
札幌青葉鍼灸専門学校 鍼灸学科卒業(はり師・きゅう師免許取得)
2009年
東京衛生学園専門学校 臨床教育専攻科卒業(はり師きゅう師養成施設教員資格取得)
2007~2010年
中国・天津中医薬大学大学院 鍼灸推拿系 修士課程卒業
2010~2013年
中国・天津中医薬大学大学院 鍼灸推拿系 博士課程卒業
(通算約11年間中国にて中医学を学ぶ)
2013~2016年
沖縄統合医療学院 鍼灸学科専任教員・中医学研究室室長
2015~2017年
筑波技術大学 保健科学部鍼灸学専攻 客員研究員
現在
天津中医薬大学鍼灸標準化研究所客員研究員
ISO/TC249 国際標準化委員会委員
中医学研究小雀会代表
所属学会
日本中医学会・全日本鍼灸学会
日本東洋医学会
参加研究会
日本経絡経穴研究会・社会鍼灸学研究会
女性鍼灸師フォーラム
主な研究テーマ
穴位効能の標準化
中医学の教育
鍼灸教育分野における日中教材比較
研究受賞
第39回代田賞奨励賞(受賞論文:「エビデンスに基づく足三里・支溝穴の効能」)

雑誌掲載

  • ◆中国における中医薬標準化の現状.中医臨床,2011,32(4):84-87
  • ◆中国における鍼灸領域の国家標準.医道の日本,2012,71(3):161-165
  • ◆中国現代鍼灸文献における経穴効能表記の研究(第1報).医道の日本,2012,71(6):98-103
  • ◆中国現代鍼灸文献における経穴効能表記の研究(第2報).医道の日本,2012,71(7):169-175
  • ◆中国現代鍼灸文献における経穴効能表記の研究(第3報).医道の日本,2012,71(8):111-116
  • ◆中国現代鍼灸文献における経穴効能表記の研究(第4報).医道の日本,2012,71(9):153-158
  • ◆中国現代鍼灸文献における経穴効能表記の研究(第5報).医道の日本,2012,71(10):187-197
  • ◆日本针灸标准研制现状及其对一些问题的思考. 中国针灸, 2012, 32(10): 925-927
  • ◆経穴効能に関する考察. 中医臨床, 2013, 34(1): 151-154
  • ◆中医学における穴性と経穴効能-その意義と課題-. 第1回経絡経穴研究会記録集, 2014, 49-59
  • ◆エビデンスにもとづく足三里・支溝穴の効能〈前篇〉. 中医臨床,2014,35(4):130-135
  • ◆エビデンスにもとづく足三里・支溝穴の効能〈後篇〉. 中医臨床,2015,36(1):134-139
  • ◆第39回代田賞奨励賞 受賞論文 エビデンスに基づく足三里・支溝穴の効能.医道の日本,2015,74(10):146-147
  • ◆座談会Ⅲ ISO/TC249 第6回全体会議を終えて. 鍼灸OSAKA,2015,31(2):93-112
  • ◆日本版穴位効能作成の穴位効能案と方法案.日本中医学会雑誌,2016,6(1):22-32
  • ◆中医学の立場で経穴をどのように理解し臨床でどのように応用するか.第3回経絡経穴研究会記録集,2016,11-15

学術活動・講演

  • ◆中医学における穴性と経穴効能.第1回経絡経穴研究会,日本経絡経穴研究会,東京,2013.10.20
  • ◆穴性問題についての補足発言.第4回日本中医学会学術総会シンポジウム,日本中医学会,東京,2014.9.14
  • ◆中医学と四診の概要.平成26年度保険薬局部会研修会,沖縄県薬剤師会,沖縄,2014.12.9
  • ◆日本版穴性(穴位効能)作成の穴性案と方法案.第5回日本中医学会学術総会シンポジウム,日本中医学会,東京,2014.9.12
  • ◆中医学の立場で経穴をどのように理解し臨床でどのように応用するか.第3回経絡経穴研究会,日本経絡経穴研究会,東京,2015.10.11
  • ◆中国現代鍼灸文献における復溜・照海の効能比較.第25回全日本鍼灸学会九州学術集会, 全日本鍼灸学会九州支部,熊本,2016.10.30
  • ◆第7回日本中医学会学術総会シンポジウム「穴位効能の意義と標準化」座長,日本中医学会,熊本,2017.9.17
  • ◆穴位効能の標準作成にむけて.第7回日本中医学会学術総会シンポジウム,日本中医学会,熊本,2017.9.17
  • ◆日中経絡腧穴教科書の比較研究.第5回経絡経穴研究会,日本経絡経穴研究会,東京,2017.11.19

翻訳

  • ◆共訳:「祖伝鍼灸常用処方」李伝岐.北京.人民衛生出版社(東洋学術出版社より出版待ち)
  • ◆「不同貯蔵年分的艾条燃焼生成自由基的ESR波譜研究」ほか、論文翻訳多数
副院長八尋 優子
Yuko Yahiro
ご挨拶
東洋的な美容法に興味を持ったことが、この世界へ足を踏み入れたきっかけです。専門的に学ぶ中で、「出てきた症状を抑えるのではなく、目に見えない根本から治す」という中医学ならではの哲学に惹かれ、さらに勉強・研究に没頭しました。わたし自身、10代から20代にかけてPMS(月経前症候群)・雨の日の頭痛・不眠・胃炎に悩まされていました。現代薬やマッサージで一時に良くなるものの、症状を繰り返し、どんどん強い薬を必要とする悪循環に陥ってしまいました。しかし、体質に合わせて行う中医学的鍼灸治療と漢方薬に出会ったことで長年の悩みから解放されました。30代では、妊娠時のつわりや逆子・産後の乳腺炎や身体の痛みなどに対する鍼灸治療で、現代薬以上の効果を感じることが出来ました。子どもの時から刺激に敏感で、乾燥に弱かった肌や髪は、鍼灸を始めてから強く美しくなりました。これらの経験を活かして、美容鍼灸とエステティックを融合させた美肌メニュー、依存症やPTSDの治療に用いられる耳鍼を応用したダイエットメニューなども開発しています。これからは、同じような悩みを抱える女性の力になりたいと思っています。鍼を刺すときの痛みはわたしも苦手ですから、優しくて心地よい、痛みのない鍼灸治療を目標にしています。安心してお越しください。ご来院をお待ちしております。
資格
法学修士
鍼灸学士 はり師・きゅう師 はり師きゅう師養成施設教員資格 医薬品登録販売者 AEAJアロマセラピーインストラクター NADA-USA 認定ADS

略歴

2009年
明治国際医療大学 鍼灸学部 卒業 (はり師・きゅう師、鍼灸学士)
2012年
明治東洋医学院 教員養成課程 卒業(はり師きゅう師養成施設教員資格取得)
2012-16年
京都仏眼鍼灸理療専門学校 鍼灸科専任教員
2016年
龍谷大学 法学研究科法律学専攻 (法学修士)
現在
NADA-JAPAN理事
所属学会
全日本鍼灸学会・人体科学会・日本アロマ環境学会・NADA-USA
参加研究会
日本経絡経穴研究会・社会鍼灸学研究会・いのちの医療哲学研究会・プロジェクトいのち
主な研究テーマ
依存症への鍼灸治療
婦人科疾患への鍼灸治療
鍼灸治療とアロマテラピーの併用効果
五味(薬膳の味覚分類)の臨床運用
雑誌掲載
◆薬物依存症者回復過程における鍼灸の可能性.社会鍼灸学研究第9号,2015,61-64
◆薬物依存症リハビリ施設におけるお灸教室でのストレス値変化.社会鍼灸学研究第9号,2015,65-71
学術活動・講演
◆五味と病証の関連.第61回 全日本鍼灸学会学術大会,三重,2012.6.9
◆五味の臨床運用.第41回日本伝統鍼灸学会学術大会,京都,2013.9.28
◆薬物依存症リハビリ施設での鍼灸師の活動.第9回社会鍼灸学研究会,京都,2014.9.13
◆依存症への鍼灸治療.平成27年度アルコール薬物依存関連学会合同学術総会,兵庫,2015.10.12
◆薬物依存症に対する鍼灸治療の一考察.第25回全日本鍼灸学会九州学術集会,全日本鍼灸学会九州支部,熊本,2016.10.30
著書
◆『医療原論』(第11章 アロマテラピー).医歯薬出版株式会社,東京,2011
◆『医学・医療原論 ― いのち学&セルフケア ― 』(第9章 セルフケアの実践).錦房株式会社,神奈川,2016

診察の予約はこちらから予約フォーム>

©2016 Kosuzumesai All RIGHTS RESERVED.