診察のご予約はこちら

HOME 最新情報一覧 「シワ・ほうれい線」のための美容鍼灸

コラムCOLUMN

「シワ・ほうれい線」のための美容鍼灸



美容鍼灸で美しく年を重ねていきましょう!

 

おでこや眉間そして目尻のシワ、

口の周りのほうれい線、

20代のころの写真には無いものが確かにある。

 

それは沢山笑ったり悩んだりしてきた人生のあかし。

しわくちゃになって笑うおばあちゃんってかわいいと思う。

それは本当。

 

でも、集合写真に写る若い娘と比べてしまう…

同世代の友人が年の割に若く見えると羨ましい。

それも本当。

 

とにかく、自分で思っているよりも老けて見えるのは、納得いかない。

 

おまかせください!

美容鍼灸で美しく年を重ねていきましょう!

 

繰り返しになりますが、一言。顔だけでなく体の治療をすることが、とても重要!

 

これは美容に限らず、様々な症状に対しても言えますが、内臓の健康あってこその見た目の健康。

特に皮膚やお顔の状態には、内臓の不調がまっさきに反映されます。

 

★★ シワやほうれい線がお悩みの場合に刺激する手足の腧穴(いわゆるツボ) ★★

足三里

胃腸の働きを高め、お顔への気のめぐりを良くする。

太渓

加齢の影響を受けやすい腎の働きを高める。

太衝

筋肉の働きを良くし、全身の気の巡りを良くする。

三陰交

足三里・太渓・太衝の作用をサポートする。

合谷

お顔の気のめぐりを良くする。太衝の働きを助ける。

 

これらの5つの腧穴を用い、お顔の皮膚の新生を促します。

 

さらに腧穴を追加する場合は、

陰陵泉・豊隆

などでむくみを除き、

百会

で気を上に引き上げます。

 

★★ シワやほうれい線がお悩みの場合に刺激するお顔の腧穴(いわゆるツボ) ★★

まずはフェイスラインをぎゅーーーんと持ち上げる鍼をします。

 

太陽・頭維・承漿・神庭・頬車・下関・眉衝

など、効率よくお顔の筋肉を刺激する事ができる腧穴を選びます。

 

腧穴選びも大事だけど、美容鍼灸の大事なポイントは ★「刺し方」★

フェイスラインの皮膚を持ち上げながら、下から上へ順番に鍼で留めていきます。

 

出血のリスクも高くなりますので、この刺し方にはテクニックが必要ですが、熟練した先生なら効果は抜群に上がります。

 

フェイスラインを持ち上げ、内出血しないよう注意深く鍼を刺します。

 

この時、シワに沿って3ミリ程度の間隔を空けながら斜めに鍼を刺します。斜めに鍼を刺すことで、鍼が真皮層に触れる面積を大きくします。

 

真皮層にある細胞は、コラーゲン新生というシワ改善のための大事な働きがあります。

 

シワに沿って正確に鍼を刺すには、視力の良さと手先の器用さも必要です。

 

シワは表情の癖や姿勢の癖がはっきりと出てきますので、必要に応じて、アドバイスもさせていただきます。

 

ほうれい線に左右差がある方は、横向きでしか寝付けない方や肩こりの強い方に多いです。

 

美容鍼灸だけでなく、標準鍼灸治療を併用すると良い場合もあります。

 
 

この記事を書いた人
八尋優子(法学修士・はり師きゅう師・登録販売者)

診察の予約はこちらから予約フォーム>

©2016 Kosuzumesai All RIGHTS RESERVED.